田舎の紙打ち

田舎のポケカイベントオーガナイザーの日記です。当ブログはカードキングダム鳥取駅前を応援しています。

2020/2/2 CK鳥取駅前店 新弾バトル+地元の新弾バトル環境まとめ

どうも。かじゅです。

2月に入り、拡張パックソード・シールド環境も終わろうとしています。

 

いつものように新弾バトルの様子を残しつつ、最後なので地元鳥取のソード・シールドの新弾バトル環境の変遷についても触れていこうと思います。

 

今日使用したのはコータス+マグカルゴGXです。

f:id:kajuholy:20200202202308p:plain

 

CL愛知でとーしんさんが使用されて話題になりました。

今回はとーしんさんの構築をベースに少し手を加えて使用させていただきました。

 

・変更点

ヒードランGX>

f:id:kajuholy:20200202210736j:plain

溶接工以外にエネルギー加速手段があるデッキであること、GX権がほぼ空いている事から採用。数字で見ても、オルタージェネシス+アルティメットレイを耐えられること・鋼鉄のフライパンを付けていないザシアンVをばくねつスタンプで倒せること、マグカルゴコータスVのエネルギーを吸って300~350程度の打点が容易に出せることなど優秀。

個人的に、CL愛知以降で評価を上げた1枚です。

 

<ムキムキパッド>

f:id:kajuholy:20200202211145j:plain

コータスVのHPが260になり、ブレイブキャリバーを耐えるようになる事で継戦能力を高める。また、アブソルが採用されているデッキであればコータスVが権利を失う代わりにヒードランGXが権利を得るため、こちらもHP240となり同様にブレイブキャリバーを耐えるだけの数値になります。

 

(先にネタバレというか反省点なのですが、結局オルタージェネシスを喋られてしまうと素点で260に到達してしまう為、最初のその場しのぎ感が否めませんでした)

 

1回戦 どっすんフォールハガネール+コータスV(リベリオンGXくん)W

 盤面は並んだものの溶接工にアクセスできず少し出遅れましたが、こちらのコータスVを育てて相手を倒していきます。手札が思うように増やせずベロベロ乱舞が地味に刺さりますが、要所で博士の研究からカスタムキャッチャーを揃えエネルギーがついたポケモンを優先して各個撃破していきます。

ヒードランGXでヒートボンバーGXを切りつつ相手のシルヴァディGXを止めた後は動きが遅くなったので、コータスVに切り替えて勝ち。コータスの耐久が光った1戦でした。

 

2回戦 三神ザシアン(魚濡さん)L

コータスVスタート。相手はジラーチ

炎エネルギーが手札に大量にあったため、どこかで溶接工にアクセス出来ればスチームクラッシュまで到達し三神相手にマウントが取れる……はずが結局いつまでたっても溶接工にアクセス出来ずツモも炎エネルギーばかり。

途中クイックボールからヤレユータンを出し、さるぢえや巨大なカマドを駆使し山を最大限触りますが、さるぢえでトップと手札の炎エネルギーを入れ替えるだけのターンが続きます。結局最後までそんな調子で、負け。

 

デデンネGXを入れるつもりが忘れていた事に今頃気づき、1枚あれば少しは変わったかもしれません。

 

3回戦 ズガドーンアーゴヨンW

1回戦で隣の卓の方だったのですが、新弾のカードが入っていない一抹の疑念が拭いきれず、2回戦終了の段階でヒアリングをしましたが案の定入っていませんでした。

前回別の方でその疑惑があったのですが結局問いただせず、今回も1回戦そのデッキで勝ってしまっていた為、不幸になる人が出てしまいました。

疑ってかかるわけではないですが、一応山を半分以上開けた状態でも新弾のカードが見当たらなければ、自衛の為にも終わった後に聞いてみた方がいいかなと。

 

一応普通に対戦はしました。ズガドーンGXを倒した後、ビーストリングでアーゴヨンGXにビーストリングベノムシュートで返されますが、マグカルゴGX2体+溶接工で250で返り討ちにし勝ち。

 

2-1で3位でした。

 

<反省>

やはりデデンネGXは入れるべきでした。

デデンネスタートする負け筋を作ってしまう事もありますが、2戦目のように詰まってしまった時の解決札は欲しかった。

溶接工の権利を失う為博士の研究をあまり連打するデッキではないだけに、最低でも1枚は入れるべきだった。

 

 <地元の新弾バトルの総括>

月1発売の頃はめまぐるしく環境が変わっていきついて行くのがやっとですが、今回の拡張パックソード・シールド発売してから次の新弾まで約2ヶ月の期間がありました。

 

こうして長く続くタイミングも少ないので簡単に振り返ろうと思います。

<よく見たデッキ>

・三神ザシアン

・スピードザシアン

 

<数人が使用>

・モルペコドール(コケコドール)

たけるとうきリザードンorエースバーン

・タチフサグマ

コータスV

 

 <珍しい>

・化石

・イオルプロック

バクフーン

・悪TAG+ヤミラミV

マグカルゴLO

 

やはりザシアンVがぶっちぎりに強かったなぁという環境でした。

意外とモルペコVは増えず。周りの人に聞きましたが、使うのが難しい、自分には合わない、という声が多数でした。三神ザシアンに対しての強力なメタカードであるタチフサグマは地元の進化ポケモンユーザーが多く、思うように活躍できなかった印象。

イシヘンジンVmax・カビゴンVmax・ラプラスVmaxはほとんどみませんでした。

イシヘンジンは自分でも組みましたが実は挫折しています・・・

自分は週末バトルと平日の大会で1、2回程度使っただけで、「どうすればザシアンに勝てるか?」という課題に2ヶ月向き合ってきました。

フリー対戦では三神ザシアンを使う頻度も高く、プレイ自体には自信がありますが、

相性関係なく高火力を押し付ける戦い方がどうも合わないので結局新弾バトルでは使用しませんでした。

 

ザシアンVをアタッカーに据えなくても、プレイヤーズセレモニー感覚で積んだり出来るお陰でその他のデッキにも無理なく入れられた気がします。極端な話、ヤレユータンとザシアンをうまく4枚で収まるように入れてさえしまえばどのデッキも構築条件は満たす事が出来る程度には優秀なパックでした。(他にもやりくりチラチーノなど)

 

2ヶ月分の戦績と優勝デッキです。

 

開放 優勝 三神ザシアン(トシアさん)

⇒確かぜ!!のジャッジ稼働前日だったため不参加

調べましたが写真なかったです。日付も忘れました。

 

12/15 CK鳥取駅前店 優勝 三神ザシアン(トシアさん)

⇒ぜ!!ジャッジ稼働当日のため不参加

 

12/22 CK鳥取駅前店 優勝 モルペコドール(きみのんさん)

⇒CL愛知の翌日の為、鳥取にいませんでした。

 

12/28 開放 優勝 エースバーン(かじゅ)

⇒3-0で優勝。

コータスV W ②三神ザシアンW ③インテレオン+タチフザグマ

 

www.youtube.com

(改めて見てもサイド1枚まで追い込まれてからよく捲ったなと(^^; 個人的に昨年2番目のベストバウトです)

 

12/29 CK鳥取駅前店 優勝 三神ザシアン(きみのんさん)

⇒県外に出ていたため不参加

 

1/12 CK鳥取駅前店 優勝 たけるとうきリザードン(まっくさん)

⇒コケコドール使用で2-1。

①三神ザシアンW ②たけるとうきリザードンL ③三神ザシアンW

 

1/19 CK鳥取駅前店 優勝 たけるとうきリザードン(まっくさん)

⇒コケコドール使用で2-1。

①タチフサグマW ②三神ザシアンL ③三神ザシアンW

 

1/26 CK鳥取駅前店 優勝 マグカルゴLO(かじゅ)

⇒2-0で優勝。(この日だけは人が少なかった)

リザードンテールナーGX W ②たけるとうきリザードンW

 

2/2 CK鳥取駅前店 優勝 三神ザシアン(魚濡さん)

マグカルゴ+コータス使用で2-1。

①どっすんフォールコータス W ②三神ザシアンL ③ズガドーンアーゴヨンW

(まだ終わってなかったんか・・・)

 

 個人的には魚濡さんの三神ザシアンに最後まで勝てなかったなぁという感想です。

強いプレイヤーですし、キツイところを押し付けたりしても綺麗にリカバリされたりする事が何度もあり、要所要所で上手いなと思いました。

 

ソード・シールド発売から期間はありましたが、チャンピオンズリーグ・シティリーグが立て続けにありあまり情報を出せず更新が滞ってたのでまとめて公開しました。

 

来週からVmaxライジング発売です。

次の弾には剣盾初のギャラドスも収録されるため、次の環境に向けて期待に胸をふくらませたいと思います。

 

それでは。

 

※画像はポケモンカードゲーム公式サイト(https://www.pokemon-card.com/)より引用しております。