田舎の紙打ち

当ブログはカードキングダム鳥取駅前店を応援しています。ポケカ勢の日常の紹介。

2018/11/11 お昼のジムバトル  -タッグチームGX ギャラドス&ゲッコウガ-

アローラ!かじゅです。

ようやく無料公開中のポケスペを読み始めました。

子供の頃、学年誌で追ってたので飛び飛びでしか読んだ事なかったんですよね。

 

今日は昨日の新弾バトルの後に開催されたお昼のジムバトルの内容です。

 

使ったデッキは午前中のデッキに入ってたGXポケモンを全部抜いて

マグカルゴラインを厚くしました。内容は前の記事参照。

ゲーム的に言えば祠マッシマニュダスト(本気)

 

 

1回戦 マニューラミミッキュ

午前の大会で戦ったH君との再戦。

ゲーチススリーブは過去に見覚えが有り、出てきた瞬間に内容がわかりました。

確かドンカラスが入ってた気がしますが…細かい所は変わってるかも。

 

午前中もそうですが、やはりマニューラ軸に対してはマッシで強気に出られます。

特性持ちを安直に出さなければ火力は出ませんし、

コケコもいる分こちらの闘の通りが良い。

 

ビーストエネルギーを付けたマッシでビートダウンします。

途中ミミッキュGXが出てきますが、これもダストダスで処理します。

サイドレースで優位に立ち、勝ち。

 

横の卓を見てたら式見さんがアローラナッシーと当たってて、

あ、終わったなと。

午前中もグラスメモリを付けたシルヴァディにマッチングしてて

同情していた矢先、相手が事故っていたようで普通に勝っていきました。

 

タマタマが手裏剣2発で飛ぶのと意外と準備に時間がかかるので

もたつけば逆に食われますね。

 

2回戦 ニンフィアランデス 

WCS2018参加のきみのん選手。

横で前の試合を見ていましたが、相当エグいデッキです。

所謂ニンフィアLOの土台にワンダーラビリンスが入り完全に相手をロックします。

しかも祠が入っていて、場合によっては殴り勝つニンフィア。凶悪です。

これは次回の新弾バトルの台風の目となるか。

 

じゃんけんで負け、ど安定の後攻を取られます。

挙げ句の果てにはマグマッグスタート。相手はエナジー進化イーブイ。つらい。

相手は順当にエナジー進化からのマジカルリボン。妨害札の準備を進めます。

 

こちらはマッシを配置しながらターンを返します。

ネストボールで念のためエネルギーの枚数を数えると、

4投しているはずのレインボーエネルギーが2枚しかありません。

ランデス相手にこの状態、苦しい戦いが予想されます。

 

幸い祠が厚めに積んであるのでワンダーラビリンスはタイミングさえ誤らなければ

破壊できます。アセロラやまんたんのくすりがある中持久戦?

打開策を頭の中で巡らせますがまとまりません。

 

とりあえずは妨害札を枯らす事から始めます。

マッシに基本闘エネルギーを貼ってクラッシュハンマー・プルメリを誘います。

正直こいつは割られていい。

 

案の定返しにクラッシュハンマー。

1回失敗して2回打たれますが2枚消化させたのは大きい!

返しにマグマッグマグカルゴに進化させ、とりあえず動きを整えます。

 

膠着状態に陥りますが落ち着いてマッシを並べ、反撃の機を伺います。

エネは極力抱え、スカル団のしたっぱを警戒しトップにエネルギーを盛り続けます。

 

それに感づいたのかマグカルゴを嫌いニンフィアに二個玉を付けてマグカルゴか狩られます。後続にイーブイが立てられ始めたので2体目のニンフィアを防ぐために積極的にグズマで釣り出します。

エネがサイドに2枚も埋まっているので積極的に取りに行かないとエネが枯れます。

 

道中、闘エネが付いたマッシにカウンターエネルギー+鉢巻+ククイ博士+祠+ディアンシーでふりまわすを使って全部表が出ればニンフィアをワンパンできたのですが流石に裏が出ました。どれだけ火力盛らせるんだ…

返しにアセロラで返され、0からやり直し。。。

 

すると後ろに置いてあったメタモンアローラキュウコンに進化しました。

まさかニンフィア以外の進化先がいたとは。

エネ破壊用のグッズに容易にアクセスできるため、納得です。

ただ、鉢巻の付いたマッシブーンで削ります。

祠も込みで確2圏内まで持ち込み、アセロラを強要させます。

 

そこで相手はグズマ。逃げつつどかしにくいヤレユータンを釣り出されます。

すかさず返しにこちらも隠し持っていたグズマ返し。

ダストダスを出しアローラキュウコンを倒します。これで残るはニンフィア1体。

グッズが大量に落ちている状態で相手もダストダスは放置できません。

レインボーエネルギー込みで殴り倒されます。

 

これでサイド4枚に。スレッジハンマーチャンス。

ダメカンが3つ乗ったニンフィアに210点叩き込むしかない。

手元にハチマキが付いたマッシブーンディアンシー

手札にはククイ博士があります。これで素点120+30+20+20で190は確保。

あと20点を確保できれば。 デッキに眠るビーストエネルギーを引き込めば勝ち。

 

デッキの枚数が15枚程度。ひたすらグッズを駆使して山を圧縮しつつ、

ククイ博士!!! 頼む!!!!!!!

ビーストエネルギー引きました。 ニンフィアを殴り飛ばして勝ち。

シビレました。

 

3回戦 不戦勝

2回戦、かなり長時間打ってて気付いたら隣の試合が始まってました。

どのみち不戦勝出るんで、やむなし。2戦連続で決勝行きの切符です。

 

4回戦 ラグラージゲッコウガ 

過去にブログで紹介した式見さんのラグラージゲッコウガ

普段一緒に打つ事が多いのに決勝で当たるのはこれが初めて。

 

ビーストエネルギーさえついてしまえばマッシブーンで進化種はワンパンできます。

マッシブーンは出せたものの、肝心のビーストエネルギーが引けません。

ゲッコウガをワンパンするためにマニューラも大事にしたい。

 

式見さんもマニューラが一番驚異と理解しているので、手裏剣やGX技で片っ端から潰されます。とりあえず少しでもサイドを取って、相手のGXを落として勝つプランを見ます。ビーストエネルギーを引いてからは仕事の終わったアローラキュウコンマッシブーンでゴリ押しして倒します。

道中手札にグズマが4枚揃ったので、毎ターン打って勝ちのビジョンが見えてきたのですが、無情にもマーシャドー。正直数を打ってきましたが、このルートは初めて。

一気に苦しくなります。

 

そこから、ディアンシーグズマで釣り出され、ゲッコウガのGX技で後ろが焼かれて

スレッジハンマーの打つ機会を実質潰されます。

 

少しずつダストダスマッシブーンで打点を飛ばしますが、

半端な打点を飛ばしても先ほどのニンフィア同様、ダウン回避出来るのでほぼ無駄、

結局ワンパンするしかありません。

 

サイドの枚数が2対1、ダメカンが4つ乗ったゲッコウガがいますが

ベンチから吊り出して190の打点を飛ばすのが難しい。

祠込みで倒す算段が出来ていたのですが、絶妙のタイミングでせせらぎに張り替えられました。長考の末、ククイ+祠+鉢巻ダストで最高火力が出せたのですが、バトル場の無傷のゲッコウガを飛ばせなかった。

 

負けました・・・

でも、お互い熟考に熟考を重ねたベストバウトだったと思います。

ポケモンカードは今までやってきたTCGの中では珍しく、

負けても嫌な気分にならない、清々しく終われるとても楽しいゲームだと思います。

お互い大阪で買ったイーブイアローラロコンのダメカンケースが写ってます。

 

いつも良く打っている式見さんと午前午後とでアベック優勝。

f:id:kajuholy:20181113000827j:plain

f:id:kajuholy:20181113000856j:plain

 

気分よく、日曜日を終わる事ができました。

 

今回当たったのは強い人ばかりでやたらと考える試合が多かったです。

その分いい勉強になったので、来週以降の糧とします。

1日トータルで9-1。 上出来だわ。

 

それでは。