田舎の紙打ち

当ブログはカードキングダム鳥取駅前店を応援しています。ポケカ勢の日常の紹介。

2018/10/14 新弾バトル

アローラ!かじゅです。

いよいよ本日からダークオーダー新弾バトル*1です。

今回が初めてのダークオーダー環境なので先月の超爆インパクト新弾バトルとは環境が一新します。

 

 先月までの超爆新弾バトルはそれはそれで非常に面白い環境だった為時間があるときに様子をまとめたい。

 

私が持ちこんだデッキはこちら。

f:id:kajuholy:20181014205420j:plain

 

水曜日に持ち込んだベトンダストに少し手を加えました。

少しだけ解説を。

 

今回のダークオーダーは闇・雷ポケモンを主に強化したエキスパンションです。

両者闘弱点が一貫している為、闘ポケモンを持ち出せば有利に出られるのは、少しでもポケモンをかじっている人ならすぐに分かる話です。

そこで増える闘をメタり、かつ抵抗を持つ悪に隙を見せないよう速さ・一定水準の火力を持ち合わせた闘たねを中心に組んでいます。

ダストダス

⇒このデッキの核。相手依存ではあるものの1エネで破格の火力。

後述のベトベトンと合わせることで相手の主要グッズを破壊しつつ、一定打点の保証。グッズが厚いマッシなどに強く出られる。

 

アローラベトベトン

⇒グッズ+山破壊。ダストの火力の底上げに加え、ニダンギル軸に釘を刺す。

 

・マッシ+レジロック+ヨーギラス

ゾロアークにダストが倒された返しに、少ないエネルギーでワンパン出来る役者。

マッシ4枚でも良かったんですが2枚しか持ってなかった。

祠やラティ兄やディアンシーを絡める必要があるが、1エネor二個玉でゾロアークを絶対に仕留めたい。

イワークは遅いのと、初手で出るとほぼ役割を果たさないままサイド1枚献上するので候補から外した。

 

ジラーチ

⇒前はこの枠にテテフがいたが、邪魔でしかなかった。

代わりにドロサポと他のたねポケモンかなり厚めに積んでます。

基本エスケープボードとセットで入るが、こいつの為に他の奴に付けてもほぼ機能しないグッズに割く枠が無いのでサイド1枚と引き換えにドロサポ読んでくるなら許容。

 

メタモンは後攻取られてマッシと対面すると負け筋になるので入れるべきでない。

 

苦手なのはグロス中心の鋼軸。

グロスソルガレオ共にワンパン不可、超抵抗もあり打点が通しにくい。

 

 

1回戦 ロストマーチ(太一さん)

先行取ってラティオススタート。相手はイベルタル

悪軸かと思ってディアンシーマッシブーンを並べてターン返したらハネッコが出てきて察した。

まさかこの新弾バトルでロストマーチを見ることになるとは思いませんでした。

加えてエモンガ。とりあえずおもちゃポケモン*2を突っ込んだ感じか・・・

とりあえず相手のHPが低いので、ブレイクスルー連打して後ろも込みで倒せるように打点を撒いておきます。

 

ロストマーチはグッズを厚めに積んでる型が多いので、すかさずベトベトンを出して山を削りに行きます。グッズを落としつつ山に見えたのはコバルオンGX

 目を疑いましたが、そっと山に返します・・・

その後ハンドの供給が止まり、エモンガの特性で釣り出してきますが雪崩連打で勝ち。

 

対戦後軽くお話しましたが、エモンガは特性で釣ってきた後ロストミキサーにかけるそうです… 

式見さんもパワードローの餌にエモンガを突っ込むような事をほのめかしており、皆エモンガになんちゅう事をするんや。

 

2回戦 メタグロスソルガレオ(メイジィさん)

不利対面きました。

先行取りつつお互いジラーチスタート。お互い特性を連打しつつ膠着状態に。

こちらはベトベトンを出して如何物食い。アメ2枚とボールを叩き落とします。

飴進化のルートを潰すのが一つの勝ち筋と気付きます。

しかし、メイジィさんもそこは織り込み済みでした。残ったアメでグロスを出され、もう1体のグロスメタングから順番に進化していきます。

途中開き直ってグッズを大量に消費されるも、2進化GXかつ抵抗を持ったメタグロスをゴミなだれで倒すのはグッズの参照値が高すぎます。

 

それを見ながらもエネがなかなか引けず、ぐずぐずしている間にサイドを取られていきます。やっとエネを引いてワンパンラインまで耐えたと思いきや、ベンチに出てきたのはクレッフィ。鋼の抵抗を増やす特性、ピンポイントでメタられました。

VGC6世代ではおなじみ糞鍵、グロスを倒しきれず負け。

 

3回戦 超バレット

こいつもこのレギュレーションで見るとは思わなかった。

とりあえずジラーチさえ突っ込んでしまえばスタンダードレギュレーションの構築の派生でもいけてしまうんですよね。ゾロアーク軸に至ってはほぼ無傷。

 

エネ引けなさすぎて最後まで棒立ちしてた気がします。

内容よく覚えてません。負け。

 

4回戦 ニダンギル

やっと最新弾のギミックを搭載したデッキと当たりました。

先行取って早々にベトベトンを展開します。

ここで6枚中5枚のグッズを叩き落としますぶっ刺さりですね。

さらにブロアーでグッズ2枚を割りますが、それでも相手はグッズが尽きません。

しかもフライパン+メモリーエネルギーを付けたギルガルド爆誕します。

特性+グッズ+抵抗込みで実質HP220。グッズが9枚も落ちているのに容易に落とせません。ただ、相手もグッズを盤面に並びきれずダストダスがギリギリ耐えます。

 

しっかり雪崩2発で落とし、一時膠着状態になりますが、グズマゲノセクトGXを釣り出し雪崩で勝ち。

 

2-2でした。

 

優勝は魚濡さんのゾロアーク軸でした。やはり強い。

よく見てませんでしたが相方はルガルガン

 

総括

面倒なスタジアム「ブラックマーケット」とゾロアーク軸に自然とパーツが入ることでゾロアーク軸がシェアを取るかと思いきや、それ以上にゼラオラデンリュウが多かったです。単純に入手が困難だったり、火力が控えめなのもあるかも。

全員のデッキを見えていませんが、確認できたのは以下の通り。

 

ゾロアーク軸 4人程度。ルガルガンGX・マニューラナゲツケサルなど多種

ゼラオラデンリュウ 3人程度 デンジュモクGX搭載型あり

カラマネロ軸 メインアタッカーはギラティナだったりオンバーンGXだったり

ベトベトン軸 自分も含め2人。もう一人はエンニュートGXが入っていた説

・鋼軸 グロスからニダンギルまで。ニダンギル軸は一人?

・ロストマーチ 前述の為割愛

 

ジラーチゾロアークゾロア)の汎用性が高い為、超爆の頃と異なりメタ対象を絞るのが難しいです。

綺麗な3すくみのような関係は出来ませんが、どれもこれもお互いに刺さる箇所がある為混沌とした環境になりそうな予感です。

 

次回以降の分布がどうなるか。

自分も今回の結果を受けて根本的な軸から見直す予定です。

 

(お昼のジムバトルもあったのですが、午前中のデッキをそのまま担いでいた人が多かった事・自分が2回戦で今書大会と同じ展開になり負けた為記事にはしません)

 

それでは。

*1:新弾に収録されているポケモンを必ず6匹以上デッキに入れるのがルールの大会。優勝賞品がグズマ・シロナなど高額汎用サポートの為、ポケカ勢は目の色を変えてデッキを組む。

*2:勝つための選出ではなく、レギュレーションを守るために突っ込んだポケモンの俗称。出典は某ポケモン対戦実況者の動画から