田舎の紙打ち

田舎のポケカイベントオーガナイザーの日記です。当ブログはカードキングダム鳥取駅前を応援しています。

2019/12/28 開放倉庫鳥取店 新弾バトル

どうも。かじゅです。

今月頭から県外のポケモンカードのイベントが盛りだくさんで、

久しぶりに地元の大会に出た気がします。

岡山で「ぜ!!」のジャッジ、愛知でチャンピオンズリーグ、とばたばたの1ヶ月でした。

さて、今回は今月より公認ジムになった開放倉庫鳥取店さんにて新弾バトルに参加してきました。

 

これでソード・シールド発売後の地元での新弾バトルは3回目。

しかし自分は今まで県外にいて今回が初めてなので、なんとなく今までの地元の優勝レシピからトレンドを掴んでいました。

・三神ザシアン

・ザシアン+ルカリオ&メルメタル

・タチフサグマ

・モルペコ+ピッピ人形

モクロー&ナッシー+ゴリランダー

 

こうして見ると今のスタンダードレギュレーションに近いですね。

構築条件達成の観点からピカチュウゼクロムやレッドパーフェクションが組みづらかったりしますが、逆に上記のデッキにある程度有利が取れれば勝てる環境と見ました。

 

とりあえず

①三神ザシアンに打ち負けないor速度負けしない

②ベンチを動かす手段にアクセスしやすい

③出来ればGXポケモンをメインで動かしたくない

の3つの条件が個人的には必要でした。そこで組んだのが以下のデッキです。

f:id:kajuholy:20191229012521p:plain

 

エースバーン(リベロ)です。

f:id:kajuholy:20191229013004j:plain

骨組み自体は先日のCL愛知で使用したたけるとうきリザードンと同じで、そこから必要なパーツに数枚差し替えました。

 

ポケカの日週末バトルで自分が三神ザシアンを使用した際に、実はエースバーンを使っていた方とマッチングする機会がありました。実はその時は順当にオルタージェネシスを宣言してしまって以降、楽にゲームが進んでしまい何とも思わなかったのですが、

今回注目したのはジャイアントボムです。

f:id:kajuholy:20191229012824j:plain

 

エースバーン自身、延命さえすればトラッシュのエネルギーで回せるのですが、

打点がリザードンと違い伸びないのが難点。

そこでジャイアントボムを絡めることで190+100で三神まで見えるようになりました。相内してもよし、160までの打点であれば190×2で殴り勝ってもよしと数字が絶妙でした。170ぴったり打点を入れられるときついのですが、少なくとも三神+ザシアンの組み合わせでは細かい打点調整はできません。

 

残りのフライパン付きザシアンなどは後からフラダリラボを重ねれば簡単に倒せますし、〆はいつものズガドーンで1枚取れるので、オルター⇒アルティメットレイまで喋られても追いつく事が出来ます。

 

その他の対面も

ルカリオ&メルメタル

⇒ラボでOK

・タチフサグマ

⇒進化軸に加えヤミラミなどを絡めなければ打点が伸びないので打ち勝てる

・モルペコドール

⇒モルペコ自身がワンパン出来る数字のため、キュウコンで釣る

・モクナシゴリランダー

⇒弱点で突っ張り、やすらぎハリケーンも耐える

 

と、ほぼ見る事が出来ます。

 

 以下マッチアップです。

コータスV(魚濡さん)W

コータスを用意されますが、エースバーンを最速で立てて190載せておきます。

そこからエネを割られたりしますが、ジャイアントボムを抱えつつエースバーンを複数立ててコータスジラーチデデンネと倒し、最後バーストGXで〆て勝ち。

 

②三神ザシアン(トシアさん)W

オルタージェネシスを宣言したタイミングで、ジャイアントボムを装備してフレアストライカー。三神と刺し違えた後、溶接工を絡めつつなんとか2体めのエースバーンに到達してザシアンも倒し、バーストGXで勝ち。

 

③タチフサグマ+インテリオン(メイジィさん)W

配信。詳細は動画にて。

 

www.youtube.com

 かなりもつれました。序盤出遅れてしまい、インテレオンとタチフサグマで盤面を荒らされつつ残りサイド1枚まで追い込まれてしまいます。

 完全に詰みの状態でスタンプを叩き込み、エネルギーがついているポケモンをウッウVで各個撃破します。ウッウVが落ちそうになるとエースバーンで戦う事に切り替え、相手の盤面を空にしていき、バーストGXの準備まで出来た状態で投了をいただきました。

 

今月出られる最初で最後の新弾バトルで優勝できました。

 

 

今書いている時点でお店の投稿が間に合っていないのでアップされ次第追記します。

 

年内で地元で出られる大会はこれが最後。

時間を見つけて今年を振り返る記事を年内に書こうと思います。

 

明日も早いので、今日はひとまずご報告まで。

 

※画像はポケモンカードゲーム公式サイト(https://www.pokemon-card.com/)より引用しております。