田舎の紙打ち

当ブログはカードキングダム鳥取駅前店を応援しています。ポケカ勢の日常の紹介。

2019/1/14  トレーナーズリーグ -一点読み-

アローラ!かじゅです。

 

今シーズン4回目のCK鳥取駅前店のトレーナーズリーグに参加してきました。

 

地元環境もピカゼクが台頭している昨今、

1週間程そこを抜けるためのデッキをずっと考えていました。

そこで用意したデッキはこちら。

f:id:kajuholy:20190114232521p:plain

 

いわゆる「サルコケコ」ですね。

シティリーグでも上位入賞したデッキタイプの一つです。

 

どうしてもピカゼクが多い分、それに比べるとレシピは多く上がっていないかもしれませんが私はここに活路を見出しました。

以下、デッキの選択理由です。

 

①ピカゼクを一撃で落とすことができる

②サイドレースで優位に取れるorフルドライブを耐えうる耐久がある

③ジラサン軸に屈しない為に多段進化を極力使用しない

 

基本的な構築については実際に好成績をあげていらっしゃる方のブログや

Twitterを参考にしてください。(実際私も何件か拝見しました)

 

しかし私のデッキには独自に採用したポケモンがあります。

CK鳥取駅前店環境を制すための狙いがここ。

ある程度私は事前に主要メンバーのレシピを予想し、各個人に刺さるであろうというパーツをそこから集めました。勝手ながら、各メンバーの使用予想を立てました。

 

・ピカゼク きみのんさん・タニさん・トシアさん・RYOさん

・ルガゾロ 魚濡さん・マックさん 

・ウルネク SHOさん

メタグロスソルガレオ メイジィさん

ゲッコウガ(水or悪)式見さん

・化石カウンター H君

 

以下そこに備えた採用カードです。

シェイミ

f:id:kajuholy:20190115001853j:plain

 

ルガルガンゲッコウガ・化石進化系統へ。

一番達成条件がゆるい上に、鉢巻込みで150出せるのが立派。

弱点を問わず積極的にカウンターエネルギーを使っていきたい所。

 

ビクティニ

f:id:kajuholy:20190115002040j:plain

メタグロスソルガレオ・セレバナへ。

単騎でも10届かず、面を全て埋めるという条件が思い分類に入り使いづらさはありますが、上記のポケモンたちが非常に重いので対抗手段は用意する必要があります。

鋼2進化パワースクラムナゲツケサルの比率を上げて打点を伸ばすこともできますが、タッグチーム中心の環境の中、進化ポケモンへの打点底上げというテキストが違うベクトルを向いているため別の種ポケモンでケアした方が無難。

 

・妖テテフ

f:id:kajuholy:20190115002658j:plain

超テテフ採用構築も見かけるのですが、この地元の環境では妖テテフに軍配。

基本的には打点を移し替えるのが役割ではありますが、サイコウェーブでも鉢巻を付ければエネの数しだいではSHOさんのウルネクをケア出来る為です。

祠や回転飛行などのアシストは必要ですが、ここで落とす択も残しておきたい。

 

これは直前まで悩んだのですが、不採用カード。

ラティオス

f:id:kajuholy:20190115003353j:plain

バラ撒き要因その2、昔ツボツボハブネークで使用しました。

ここもSHOさんのマーイーカーをワンパン出来るので迷いましたが、

カラマネロになるとワンパンしづらい事、その他の方に超の通りが悪い(超弱点の闘が少ない)ので見送りました。なによりエレキパワーでコケコの火力が底上げできてしまうので、物足りなさを感じます。

 

 

1回戦 ウルネク (SHOさん)

マッチングして天を仰ぎます。ラティオスの項の迷いがあったからです。

 

ナゲツケサルスタートで4ターン程何も出来ませんでした。

手札にエレキパワーが3枚、エネルギーが3枚リーリエが2枚と

札を消費出来ず詰まってしまっています。

その隙に面を作られ、あまりにも酷い内容だったので負けか…と思っていると、

コケコをツモ。ここから溜まったエレキパワー回転飛行⇒エリカのおもてなしで一気に押し返し、テテフでダメカンを移してサイド3枚取り。カラマネロを全部潰します。

その後シャドーインパクトで乗ったダメカンを利用し再度3枚取りで勝ち。

 

ちなみに、周りを眺めていたのですがまさかのピカゼク0人。

皆がメタ構築に寄った結果、誰も使用しないという珍事が発生。

特に握る可能性があった面々が全く違っていて、これには参った。

 

・タニさん ルガゾロマッシ

・SHOさん ウルネク

・RYOさん サナニンフィア

・きみのんさん サルコケコ(自分と被ったのが意外だった)

・トシアさん ジラーチリザードン

 

2回戦 ジラーチリザードン(トシアさん)

お互い非GXデッキなので再度の取り合い。こちらもカウンターエネルギーを有効に使いたい反面、サイド差を話されると捲れないのでギリギリで追いかけます。

道中、サイドレースを追い抜いてしまいカウンターエネルギーが使用できない状況に。

 

最後は2個玉が必要な状況で引けず負け。

コケコでバラ撒きが出来なかった事と、エネくじの枚数を絞ったのは反省。。。

ここで優勝の芽が消えます。

 

 3回戦 サナニンフィア(RYOさん)

 前日のシティリーグで一気に有名になったサナニンフィア

正直ここで持ち込んでくる人がいるとは思っていなかったので、メタ札を積んでいません。耐久されると厳しいですし、難しいかなぁ。

 

ナゲツケサル2体のみで、ポケモンが他に並ばずタンカでひたすら延命します。

ある程度打点が蓄積されたタイミングでシェイミで倒す算段だったのですが、シロナの引き直しで鉢巻を引けず。結局次のターンアセロラを引かれドボン。

2敗するとポイントももらえないため、ここで一気にモチベーションが落ちます。

 

4回戦 ルガゾロアロキュウ(魚濡さん)

ここは想定していた有利対面、デッキがもう割れている為、

頑なにゾロアークが出して来ません。

こちらも対抗してシェイミルガルガンをワンパンし、サイドを奪います。

 

後半出てきたゾロアークもチームプレイでワンパンし、勝ち。

 

2-2でした。 ポイントももらえず。

 

やはり各々がピカゼクに対して答えを持っていているような環境で、

一周回って非常にレベルの高いトレーナーズリーグだったと思います。

 

ちなみに優勝はきみのんさんのサルコケコでした。

 

 

同じデッキで優勝されてしまった悔しさ反面、

自分の選択は間違っていなかったと確信しました。

 

3回戦以降、私が負けた相手に勝っている為、構築やプレイングの差が出たかな。

 

<反省>

全体的にコケコを引けなかったのがあり、

ナゲツケサルを押し付ける展開が多かったです。

有利対面でない限りコケコで撒いてからテテフで寄せるのが最適解であり、なによりカウンターエネルギーが腐る。エネ不足で負けた試合があり、エネくじを増やすなどこうした状況は事前に想定すべきだった。

 

ナゲツケサルの数をスピーディーに並べるため「ポケモンだいすきクラブ」を採用しましたが、圧縮を考えるとぼんぐり職人でも良かったか。

どうせやっている事は変わらないですし、面が埋まってから腐るネストボールを抜ける分後者のほうが強そう。リーリエはあるのに札が詰まることもあり、ハイボも採用すれば良かった。とにかくエネに触る為の圧縮をもう少し考慮すべきでした。

 

 

来週はナイトユニゾン新弾バトルがはじまります。

土曜にも通常のジムバトル・店舗主催大会がありますが私用のため参加は見送り予定。

また、TLのポイントを稼ぎたいので再来週には出雲に遠征して大会に参加したいと思います。CK鳥取駅前店以外のお店の大会経験が少ないので、出稼ぎと練習に。

出来れば県外のポケカ勢と交流できるといいな。

 

それでは。