田舎の紙打ち

当ブログはカードキングダム鳥取駅前店を応援しています。ポケカ勢の日常の紹介。

2018/12/24  トレーナーズリーグ -逆襲-

アローラ! かじゅです。

 

連休最終日を飾る今日はトレーナーズリーグ、

新弾バトルのプロモより遥かに重要なポイントがかかる大事な一戦です。

 

この2週間ほどずっと優勝レシピにピカゼクが鎮座しているこの状況、

持ってきたデッキはこちらです。

 

f:id:kajuholy:20181224204441p:plain

柱は先般よりこのブログに載せているルガゾロスピアーですが、そこに新弾バトルのいわばリミッターを外した形になりました。

今までの負けを振り返り、勝つためのエッセンスを全てつぎ込んだ

今出来る本気のデッキを組んだつもりです。

 

ピン積みのカードが多めですが、それぞれ採用理由について少し書きたいと思います。

 

 

ソーナンス

f:id:kajuholy:20181224211608j:plain

一番のメタカードはこれ。

テキストを確認される事が多かったので画像載せときますね。

ピカゼクでの負け筋で多かったのが、コケコ◇で強襲されるパターンでした。

そこで計算が狂い、押し負けるという事がありそれに対してのメタです。

 

ピカゼク以外にもメタモン◇で相手に進化先を読ませない動きを封じます。

自分もメタモン◇を積んでいるので動かし方には注意が必要です。

 

ベトベトンベトベター

もはやピカゼクをメタる最も簡単な答えです。

正直メタモンで強襲する程の意外性も最早なく、どのみち放置すると厄介なことしか起きないため優先して潰されて進化元が消える、という場面を今まで見てきました。

であれば最初から「これからベトンでジラーチゼラオラ止めますよ」と相手にその意思を見せてしまっても問題ないと思っています。

むしろタンカで拾え、HPも高いので素直にベトベター採用で良いと思ってます。

 

ソーナンスの特性が潰れますが、こちらの方が上位互換ですしベトベトンが仮に落とされたとしてもコケコ◇はそれでも使わせないという二枚体制です。

 

マニューラ

ピカゼクも特性持ちが多く並ぶ方で、そこそこの打点は出ます。

どちらかというと今回はSHOさんの

ウルトラネクロズマミミッキュ&ゲンガーをピンポイントでメタりました。

デッキの型自体は既に見ていてかつ強いプレイヤーの為、

勝ち進む中ピカゼク以外で踏むとすればここだと思いました。

また、メイジィさんのメタグロスに対しても一定火力が出ます。

完全に身内にメタを貼りました。

 

・ムキムキダンベ

鉢巻との配分をギリギリまで悩んだのですが、ピカゼクの鉢巻+エレキパワー1枚フルドライブでゾロアークラインに容易に届いてしまうので、その計算をズラす為の1枚。

ルガルガンGXもダンベルを装備するだけでアサルトサンダー+フルドライブでも耐えるようになったりと、計算してみるとメジャーな組み合わせを耐えられるので採用。

 

増やしてもいいんですが、鉢巻+ツメで切り裂くでピカゼクがワンパンできるので、

鉢巻と1:1にしました。

 

・カウンターゲイン

ピカゼクに対してはデスローグGXをどのタイミングで打つかがキモだと思ってます。

ただ、2エネ貼るタイミングというのはあまりなく相手も警戒してサンダーでイワンコを優先して潰しに来ます。

対ピカゼクであればサイド先行される事が多いので、比較的発動タイミングは多いです。1エネ+ルガルガンGXであれば要求値も少なくて済み、3体ポケモンがいるだけで確定1発で飛ばせます。

サンダー+ジラーチ+ゼラオラあたりが想定盤面。

 

余談ですが、この動きを取りやすくする為にウツギ博士のレクチャーとイワンコを1枚ずつ増やしました。

 

ククイ博士

今のルガゾロには定番のパーツではありますが、上記の鉢巻とダンベルの配分に悩んでいた際に鉢巻を減らした分こちらに回しました。

ライオットビート+鉢巻+原野+ククイで180出るため、

メジャーなGXたねポケモンを一撃で葬れるのはかなりメジャーな数字。

 

正直+30なくても良い場面も多く、かなり苦しい動きではあるものの、

サンダーに対してツメで切り裂くを打った場合抵抗を相殺できたりこの20という数字は生きてくる場面は多いです。

 

 とまぁこの構築に至るまでの自分の考えを文字に起こすと結構な長さになってしまったので、他に言いたい事があれば直接話します。

 

とりあえず簡単に結果まとめます。

 

 

1回戦 ピカゼク

ソーナンスアローラベトベトンを早い段階で立て、

ロックしてからルガルガンを中心に攻めました。

グズマで再三ベトベトンを前に出されましたが、その直後に毎度グズマで押し戻してルガルガンで押して勝ち。

 

自分の思っていた事が実を結び、1回戦でありながら嬉しさを覚えました。

 

2回戦 ピカゼク

 

1ターン目に5面立ててアローラベトベトンを立てたものの、

アローラベトベトンを毎回釣り出され倒されてしまいました。

そもそも立てるのが遅かった。

また、ジラーチに対しイワンコで道を塞ぎロックしていたのですが、コケコのエアロトレイルで脱出されて崩れました。これが一番大きかったかな。

また、ゼラオラを落とすべき場面でエネを引けず1ターンタダで渡してしまいました。

最後サンダーとゼラオラに縛られ、負け。

 

うーん勝てないかぁ…

 

3回戦 ウルネクミミゲン

 

ゾロアークが相性有利のため、GXを中心に潰していきマニューラも生きました。

ギラティナアローラベトベトンで封じ、メインアタッカーを片っ端から潰していき勝ち。

 

2-1、しかもオポネントで5位でした。4位からポイントが入るため、とても悔しいです・・・

当たった方皆から聞いたのですが、タッグチームは意図的に出さなかったとの事。

やはりワンパン出来るメンツを揃えているので、抑止力になっているのであればこの構築は間違っていなかったと思ってます。

 

優勝はH君のカウンターカブトプスラムパルド

ピカゼクを押し分け勝ち抜いたのは凄い!!

 

3回目のトレーナーズリーグ。

一旦地元のメンツのポイントをまとめました。

(把握してる限りなので漏れがあったらすみません。)

 

RYOさん(シニア)100P以上 (地区で上位なのがデカい)

タニさん(マスター)22P

SHOさん(マスター)15P(シティリーグ獲得P)

式見さん(マスター)15P

かじゅ(マスター)15P

H君(シニア)15P

リキさん(マスター)12P

きみのんさん(マスター)12P

 

そもそもトレーナーズリーグ自体がSMレギュより以前からやっていたプレイヤーがほとんどなので、常連のメンツがほぼ横一線に並びました。

仕事で余裕ができれば、シティリーグにも参戦してポイントを稼ぎたいと思います。

 

それでは。