田舎の紙打ち

田舎のポケカイベントオーガナイザーの日記です。当ブログはカードキングダム鳥取駅前を応援しています。

2018/12/16 新弾バトル -打開策-

アローラ! かじゅです。

 

今12/16なのですが、昨日の土曜から今日まで大会に4回参加してきました。

タッグボルトが発売されて試行錯誤を続けています。

 

土曜日は今井書店・開放倉庫と大会に出たのですが振るず。

レシピも載せるつもりがないので以下簡単に戦績まで。

 

<今書> ピカゼク

アロキュウシルヴァディ

ミミゲン○

ウルネク×

三位決定戦 ピカゼク ×

<開放>超バレラティ

ビーストボックス×

 

丸一日主にタッグチームGXと回数を打ち、

ある程度自分の中で答えが見えてきた気がしています。

 

・少なくとも安牌であった祠マニュマッシダストが有効でない(ジラサンに弱い)

・ある程度タフネスが必要(素点アサルトサンダーを耐えうる)

・一撃でも200点を越えられる打点を出せる(タッグチームに打ち勝てる)

 

以下、それを踏まえて本日からのタッグボルト新弾バトルの構築です。

※タッグチームGXのポケモン1枚以上orタッグボルト収録ポケモン4枚以上

 

f:id:kajuholy:20181216225819p:plain

 

ジラーチサンダーが流行り始めてから、一周回ってGXポケモン主体の環境に

戻ったような気がします。

 

私自身も前述の理由からルガゾロが安定して立ち回れると考えました。

おそらくスタートで出したポケモンは戻ってこない可能性が高いですが、

そこから巻き返せるだけのリソース供給、またピカゼクをゾロアークで確定2発、ルガルガンのGX技で1発で倒せたりと火力も十分。

 

ピカゼクにはルガルガン、ゲンミミにはゾロアークが見えるのはもちろん、今回の新弾バトルにおいて、セレビィフシギバナコイキングホエルオーの耐久型に対しても見えるよう、スピアーを搭載しました。

飴というひと手間をかける必要がありますが、ゾロアークのドローである程度間に合うこと、タッグチームGXに対して1-3交換で処理できること、イワンコを狙われやすいルガゾロにおいて意識を背けられたりとかなりメリットは大きいです。

 

スピアーはみちづれバリに意識が行きがちですが、2個玉+鉢巻だけでルガルガンGXを反動ありとは言え吹き飛ばす事が出来るので覚えておきたいです。

 

 

 1回戦 メタグロスイーブイカビゴン (メイジィさん)

前回メタグロスからゲンミミ+ラティ兄妹で痛い目を見させられたメイジィさん。

今回は同じデッキかと思いきやお供はイーブイカビゴンでした。

 

こちらはゾロアークを皮切りに順調に盤面を並べ、アローラベトベトンも立てつつダダリンスタートだった相手を崩します。そこから相手もメタグロスを立てつつ、ジオティックシステムからイーブイカビゴンで強襲されます。

 

後ろの控えていたビードルを出して、シロナから飴+スピアーと繋げ狙い通り一気にサイドを取ります。

お互いサイドがじりじりと詰まり、グズマの早引き勝負になります。

 

こちらは取引を繰り返しますが引けず、相手も引けずお互い後一歩になりますが

こちらのイワンコが延命し、タンカでルガルガンGXを釣りダダリンを吊り出して勝ち。イワークにジオティックでエネルギーを付けゾロアークをワンパンするルートもあったとの事。危なかった・・・

2回戦 ジラーチサンダーピカチュウゼクロム (きみのんさん)

相手は順調にジラーチサンダーの動きでサイドを先行していきます。

こちらはスタートのゾロアを捨て、後続でゾロアークを立てリソースを稼ぎます。

 

札もある程度揃い、スピアーライン・ルガルガンで機を伺っていたところに無情にもマーシャドー。プランが崩れます。

返しのターンにビードルを処理され、しかもジラーチでサンダーマウンテンにアクセスさtれます。ピカゼクにエネルギーが揃ったのは想定外でした。

 

万事休すか・・・とダメ元でシロナを打ちます。

すると、気づけば相手のサイドは4枚。手中にはマッシブーン+レインボーエネルギー。

スレッジハンマーで飛ばせる!!と喜んだのも束の間。

ゾロアークの打点に意識が向かうあまりシロナを打つ前にベンチを埋めてしまい、

マッシを出すスペースがありません。

ここでピカゼクを落としていれば相手の盤面のエネルギーが消えていたため試合が変わったかもしれません。

大きな判断ミスをしてしまいました。 負け。

 

3回戦 ズガドーンアーゴヨン

かなり大火力が出るデッキですが、ズガドーン自身のタフネスが少ない為

比較的戦いやすいかな・・・ゾロアークを大事にしたい。

 

少しずつズガドーンを育てられ、こちらは負けじとゾロアークを主軸に面を作ります。

また、アーゴヨンを軸に火力を伸ばされる為原野を絡めつつアーゴヨンを倒します。

 

ビックリヘッドでゾロアークが飛ばされますが、アーゴヨンの展開さえ許さなければジリ貧になります。

お互い打ち合いになりサイドが徐々に減る中で私の中に一つの疑問が浮かびます。

「これ、タッグボルトのカード何が入ってるんだ?」

終わった後に聞いてみようと思い、黙って見ているとダート自転車でイーブイカビゴンが落下しました。なるほど。

 

後半、こちらのマッシをターニングポイントで倒したいような意図が見えたので、

ひたすらアーゴヨンを狙い続け、ガス欠しズガドーンを倒して勝ち。

 

結果、2-1でモブでした。

 

使い勝手は良かったですし、実際どの軸が来ても安心して立ち回ることができました。

多分、ラティ兄妹2面をずっとサイコリチャージで回転させる位のブン回りでなければ

多くのデッキに有利が取れると思います。スピアーの安心感もあります。

 

優勝は2回戦で当たったきみのんさんでした。

これで古参メンバーにほぼほぼフウとランが行き渡ったかな。

 

 

大会をひとつ気になった点ですが、この新弾バトルで今年3回目のレギュレーション違反がありました。新弾のカードを積んでいない、というものです。

故意にやったものではないですし、責めるつもりもありませんが

最低限調べては来て欲しいなと思います。

 

今回対戦後にSHOさんが相手に聞いて発覚したのですが、その方は1回戦勝ち抜けていますし途中で強制的にエリミネートされれば自分だけではなく負けてしまった方もモヤモヤが残ってしまいます。ましてや、聞かないと気付けないのは問題だと思います。疑ってかかれとは言いませんが、対戦中対象のカードが見えなかった場合は自衛も含めて相手に聞いておきましょう。

また、店長にも大会前にレギュレーションのアナウンスをしていただくように軽くお願いしました。お店は全く悪くないのですが、今年3回も見てしまうと対戦回数が減ってしまうので参加者側としては出来れば意識していただきたい。

 

ブログにもレギュレーションについてはその点は元より書くようにしていますが、

参加される方は公式サイトは一読しておきましょう。

 

発売して2週間して、ようやく周りの傾向や対策がつかめてきました。

お昼の部も含めて選択は誤っていないと思いますので、

今年のうちにまた結果を残して1年を締めくくりたいですね。

 

それでは。